FAQ
Q20060226 SSLを利用するディレクトリが通常のディレクトリと異なる場合の設定
A20060226 通常のhttpでの通信を行う場合とhttpsで通信を行う場合でアップロードするディレクトリが異なる場合に、フォーム入力に移行するところからSSL通信を利用しようとすると、「カートファイルが開けません」というエラーが出ます。
以下のように、通常のhttpの場合はhtmlディレクトリを、sslを利用する場合はsslディレクトリを利用する場合を例にします。
html内に設置されたカートで買い物をすると、htmlディレクトリ内のcartsフォルダ内にcartファイルが作成され、カゴに入れた商品が記録されます。
カゴの中身を確認した後、入力フォームに進むところからsslディレクトリ内に設置されたスクリプト(form.cgiまたはmember.cgi)に移行すると、デフォルトの設定ではsslディレクトリ内のcartsフォルダ内のcartファイルを読もうとするため上述のエラーになります。
これを回避するには、ssl内のカートからhtml内にあるcartファイルを読めるように、sslカートの基本設定で、「カートファイル保存先」に、sslディレクトリ内のform.cgiやmember.cgiからみたhtml内のcartsフォルダへの相対パスを指定します。
以下の場合では、
../../../html/zipshop_hal_ops_A9/carts
となります。

var
|–html
|  |-zipshop_hal_ops_A9
|  |  |-shop
|  |  |  |-frontpage.cgi
|  |  |  |-cart.cgi
|  |  |  |-form.cgi
|  |  |  |-member.cgi
|  |  |  |
|  |  |
|  |  |-carts
|  |
|
|
|–ssl
|  |-zipshop_hal_ops_A9
|  |  |-shop
|  |  |  |-frontpage.cgi
|  |  |  |-cart.cgi
|  |  |  |-form.cgi
|  |  |  |-member.cgi
|  |  |  |
|  |  |
|  |  |-carts
|  |